大切なことはすべて君が教えてくれた あらすじ




「大切なことはすべて君が教えてくれた」

このドラマのあらすじをじっくり読んでみました…


‘上村夏実’(戸田恵梨香)と‘柏木修二’(三浦春馬)は同じ高校の
教師であり結婚を約束していた。しかし、修二が生徒と関係を持ってしまう…

と長々書かれたあらすじ…一言で言えば

「教師と生徒の愛」というテーマの禁断の学園ドラマ

のようです。

教師と生徒の愛がテーマということは夏実と修二の愛のテーマではないの??
とちょっと疑問ですが、、「大切なことはすべて君が教えてくれた」と
いうのも、浮気した生徒が主演2人に大切なことを教えてくれるのかしら?
なんて想像しています。

私だったら、結婚を約束した相手が浮気したら許せるかな?

いや。。許せないと思う。

しかも同じ職場にいたらどうしよう。。

すっごく悔しいだろうし、それなのに相手の子と顔を合わせなくてはいけない
なんて辛すぎる。

あらすじを読んですでに感情移入してしまった私。。


自分の年齢からついつい夏実(いや…夏実も私よりずいぶん若いだけど)の
立場にたって考えてしまいますが、、

学生時代を考えてちょっと浮気相手の女生徒の立場にたってみたら
どうだろう…

まず、こんなすてきな先生が2人も高校に〜!!

自分の高校生活を考えると想像が出来ない。。

顔が良い悪いとかではなく、私が知っている高校教師達とはなんと言ってもさわやかさが違う!!

こんな先生が2人もいたら人気あるだろうし、そりゃぁ憧れちゃう生徒も出ただろうなぁ。

ただ、先生への憧れって恋愛とはまた別物だったりしますよね。

なので、なぜその女生徒が修二と関係を持ったか、というのが気になります。

女生徒の関係が2人の関係を変えるのでしょうが、あらすじには「信じること」とは何かを訴える、と書いてあったし、それを乗り越えていくドラマになるの
だろうと思います。

「大切なことはすべて君が教えてくれた」

「大切なこと」を知った2人が別れを選ぶのか、2人で歩む道を選ぶのか…

でも、やっぱり幸せ好きの私としては2人が幸せになるドラマでありますように、
と期待しちゃいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。