大切なことはすべて君が教えてくれた 安達奈緒子




新月9ドラマの「大切なことはすべて君が教えてくれた」について主演の戸田恵梨香チャン、三浦春馬君はとても有名ですが、、

そういえば脚本は…? というと「安達奈緒子」さんという方です。

俳優・女優さんってたくさん名前を覚えていますが、脚本家で名前を覚えている方ってあまり多くないと思います。

その中でも昔からよく聞く有名な方はやっぱり野島伸司さんかな?

フジ月9では10本も手がけていて脚本家さんの中でも一番数が多いそうです。

「ひとつ屋根の下」や最近の月9では香取慎吾さん主演の「薔薇のない部屋」が面白かったのを覚えています。

その野島伸二さんが脚本家としてデビューしたのがフジテレビヤングシナリオ大賞!

若手の脚本家を募集して育成する為のフジテレビ独自の公募なのですが、この大賞
を2003年に受賞したのが安達奈緒子さんなのです!!


大賞をとった安達奈緒子さんの作品は「冬空に月は輝く」というタイトルで綾瀬はるかさん主演でスペシャルドラマとして放映されました。

そして「大切なことはすべて君が教えてくれた」は2003年に賞をとってからずいぶん時間をおいてのドラマです。

まず、シナリオ大賞というのがすごいですし、時間をおいていきなり月9に抜擢されるなんてすごいですよね!!


「ラスト・フレンズ」「大奥」など、私の好きなドラマをたくさん手がけている脚本家の浅野妙子さんもフジテレビヤングシナリオ大賞で佳作をとっているし、、実績はないけど安達奈緒子にすごく期待してしまっている自分がいます。



ドラマは脚本だけで評価されるものではないですが、「大切なことはすべて君が教えてくれた」が素敵なドラマであって、安達奈緒子さんの名前がもっともっと知れることになるとになってこのドラマが代表作になったら視聴者としては嬉しいですね。


安達奈緒子さんが「大切なことはすべて君が教えてくれた」で、‘教師と生徒の愛’を通して伝えたいことが何なのか、、もちろんドラマが始まってストーリが進むまでまったくわからないのですが、戸田恵梨香チャン、三浦春馬君がどう表現してくれるか…とドラマスタートを楽しみにしています♪







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。